育毛+節約+先発品=プロスカー最強伝説

お得に育毛するなら、プロスカーで決まり!

抜け毛に関連する遺伝と頭皮のケアについて

抜け毛抜け毛は、ストレスや皮脂の過剰な分泌、血行不良などが主たる要因と言われていますが、近年の研究により、特に男性型脱毛症においては、遺伝による影響が大きいことがわかってきました。薄毛の男性の場合、アンドロゲンレセプターに変異が見られ、ジヒドロテストステロンによって毛髪の成長サイクルに乱れが生じ、成長する前に毛髪が抜けてしまうことが原因とされています。
人間の性は、性染色体であるX染色体とY染色体の組み合わせによって決定され、XXであれば女性、XYであれば男性になります。このうちX染色体に男性ホルモン受容体が存在するため、男性型脱毛症の多くは母方から遺伝します。但し、父親からも遺伝子は受け継ぎ、父方から遺伝する確率は50%、母から遺伝する確率は75%と言われています。
男性ホルモン受容体が作用することによって抜け毛が促進されるとすれば、母方の祖父の頭髪の状態を知ることで、将来的な頭皮の状態を想像することも可能で、原因を掴むことで発症時の治療にも役立てることができます。
この男性ホルモン受容体の変異により、男性ホルモンの一種であるテストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化、毛根の毛母細胞に悪影響を与えることで抜け毛が促進されます。
男性型脱毛症は、ゆっくりと確実に進行します。早ければ10代や20代から症状が現れ、初期段階では毛髪の成長期が通常時に比べ短くなり、早い段階で抜け落ちてしまうため、額などの生え際や頭頂部から徐々に薄くなります。
薄毛を遅らせるには、治療薬の投与のほか、日常的な頭皮のケアも重要です。常に頭皮を清潔に保つことが大切ですが、過度なシャンプーは悪影響をもたらすこともあるため、適切にケアすることが求められます。